アボカドが大トロのように味わえる簡単1分レシピ!?

アボカドはクスノキ科ワニナシ属の常緑高木であり、分類上は果物になります。そんな果物であるアボカドが1分でマグロの大トロのように味わえるレシピ!?をご紹介いたします。

スポンサーリンク

アボカドの旬の時期は?

日本に流通しているアボカドのほとんどが輸入であるため、特に旬の時期はなく1年中通して食べられます。しいて言うなら国産のアボカドは11月から翌年の1月くらいまでに収穫されます。

国産のアボカドをお探しなら楽天市場で 2016年のは販売が終了してしましたが、2017年09月01日~2017年12月31日でまた販売される予定です。

森さんのアボカド5個 (【ご注意】発送期間11月上旬~1月上旬) を楽天市場で見てみる

>【2016年はご予約受付終了です】森さんのアボカド5個(【ご注意】発送期間11月上旬~1月上旬)

価格:2,160円
(2017/2/18 22:34時点)

アボカドが大トロにのようになるレシピ!?

材料(2人分)

アボカド1個
醤油適量
わさびお好みで

1 アボカドの皮をむき種を取って、適当な大きさに切ります。皮や種があると間違えて食べてしまった時、歯がやられますので気を付けて下さい(笑)。

2 小皿に醤油、わさびを用意します。

3 醤油をつけて食べるだけ。

まぁ、なんと言うことでしょう。

わずか1分で、森のバターを言われている「アボカド」が…

わさび醤油で食べるだけで…

口の中でとろける大トロのような舌触りが味わえるではありませんか!!

人はアボカドを「わさび醤油の魔術師」と呼びます。

食べごろのアボカドの見分け方

アボカドは緑色から段々と濃い黒っぽい色に変わっていきます。ただ、黒すぎると熟しすぎている可能性がありますので、触ったときに明らかにフニャフニャなものは止めたほうがいいです。また、一般的にハリ・ツヤがあるもので、ヘタと実の隙間がないのもが新鮮と言われています。

やや緑っぽいものでも1~3日すると黒っぽくなり食べごろになりますので、少し待てるようでしたらお好みの堅さで食べるのもいいですね。

本日の注目記事はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク