インターネット検索履歴の一括表示と印刷をする方法

スポンサーリンク

インターネット検索の履歴を一括表示できるフリーソフト「IEHistoryView」

インターネットエクスプローラー(IE)での検索履歴を一括表示・印刷できる便利なフリーソフト「IEHistoryView」を紹介いたします。

IEでの履歴が残っているものはすべて表示されます。今回はGoogle Chromeの履歴も表示されましたが、Google Chromeの場合は、Googleブラウザ右上のボタンから履歴一覧が表示されるので「IEHistoryView」を使わなくても問題がないと思います。ウインドウズ10動作確認済みです。

IEの履歴の保存場所について

IEの場合、一般的に履歴の保存場所「History」は、

ユーザー > App Data > Local > Microsoft > Windows > History

となっていますが、フォルダーが時系列ごとにあり一覧での表示ができません。

また、「App Data」以下の各フォルダーは隠しファイルとなっているため見る場合は、隠しファイルの解除をしなければいけません。

「IEHistoryView」のダウンロード方法

https://www.vector.co.jp/soft/win95/net/se354044.html

アクセスし「ダウンロードはこちら」をクリックすると同じような画面が出るので、もう一度「ダウンロードはこちら」をクリックする。

20161102-01

この画面が出たら、「こそソフトを今すぐダウンロード」をクリックする。

20161102-02

ダウンロード先は「USBメモリー」に行うと持ち運びができて便利ですよ。

「history」ファイルを右クリックで「すべて展開」し展開したファイルを開く。

「History98」をクリックすると履歴が表示される。

2016-11-03

IE履歴を表示・印刷する

IEでのページ履歴の保存している日数のみしか表示できませんが、一括表示できる項目は

  • 日にち
  • 時間
  • サイト名

となっております。

IEの画面でHTMLで表示されるので、普通にIEを印刷する方法で履歴の一覧が印刷できます。

他にも「IEHistoryView」というフリーソフトもあるようですが、今回はうまく検索できませんでした。

本日の注目記事はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク