Windows10|プライベート・パブリックのネットワーク切り替え(変更)方法

ウィンドウズ10で複数台のパソコン(PC)間でファイルやプリンターを共有する場合、無線LANを用いて同一ネットワークで接続すると共有する事ができるようになります。

共有するためには、プライベートネットワークでの接続が必要です。プライベートネットワークの確認・接続方法をご紹介いたします。

スポンサーリンク

ネットワークの状態を確認する

ネットワークには「プライベートネットワーク」と「ゲストまたはパブリックネットワーク」があります。

  1. PC左下のウィンドウズマークを右クリック
  2. コントロールパネル
  3. ネットワークとインターネット
  4. ネットワークと共有センター
  5. アクティブなネットワークの表示

または、

  1. PC右下にwi-fiマークを右クリック
  2. ネットワークと共有センター

から確認することも可能です。

プライベートネットワークとは

プライベートネットワークとは、プライベート(私的な)環境で使うネットワークという意味なので、社内や家庭でPC間のデーターやプリンターを共有する時に設定します。

パブリックネットワークとは

パブリックネットワークとは、パブリック(公衆での)環境で使うネットワークという意味なので、公衆の場(フリー・無料Wi-Fi)で使う場合は、こちらに設定しておかないとフォルダーの中身を見られてしまう危険があります。

外でパソコンを使う場合は、「パブリックネットワーク」に変更しおいたほうが安心です!

ネットワークを切り替える(変更する)

  1. PC左下のウィンドウズマークを左クリック
  2. 歯車の「設定」から
  3. ネットワークとインターネット
  1. 「wi-fi」から「既知のネットワークの管理」
  1. 接続しているwi-fiを選択して「プロパティ」をクリック
  2. 「このPCを検出可能にする」をオンする

外でPCを使う場合は、逆に「このPCを検出可能にする」をオフにしてください。

この方法でも「このPCを検出可能にする」が出てこない場合は、PCを再起動してもう一度確認してみてください。

スポンサーリンク
 

本日の注目記事はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク