つぶ貝には唾液腺(テトラミン)という毒成分があったが、知らないで食べちゃった…

昨日、スーパーで殻付きつぶ貝が売っていたので、買って晩ご飯にいただきました。

貝好きですが、殻付きのつぶ貝は初めて買いました。見た目は小さいサザエのような感じです。

どう食べたらいいのか、分からなかったので、とりあえず茹でて醤油をつけていただきました。

1個食べた後に

つぶ貝には「アブラ」と言われる

スポンサーリンク

唾液腺(テトラミン)があり食中毒に注意!

食べてしまうと人によって、めまいなど、お酒に酔った症状が出ることがあると分かりました…

できることなら、食べる前に知っておきたかった。

googleで「つぶ貝 毒」と検索すると「ツブ貝による食中毒に注意しましょう!」(北海道石狩振興局)がトップに出てくるではないですか!?

人は不思議なもので、中毒症状が出る可能性があるといわれると、1個食べただけで、めまいがしてる気になってしまいました。

とりあえず、北海道振興局によると死亡例はないようです。また、私自身も1日たちましたが、とくに症状も出ず、安心しました。

2回目(約1年後)に購入した時は唾液腺を取り除きました

1年前の失敗した経験を生かして、今回は唾液腺を取り除きましたので、レポートいたします。

茹でたつぶ貝です。貝の上の部分(内臓)は外しにくいです。

内臓は食べないほうがいいと思います。

こちらが食べる身の部分です。真ん中に切れ目を入れて開きます。

こちらが唾液腺です。ニョキっとした所と、その付け根のゴニョゴニョした部分が唾液腺なので取り除きます。

おいしくいただきました~♪

みなさんも、殻付きつぶ貝を食べるときは、くれぐれも気をつけてくださいね。

本日の注目記事はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク