JCOMフォンプラスからauひかり電話に変更した場合、ナンバーポータビリティーができます

スポンサーリンク

JCOMフォンプラスからauひかり電話に変更した場合

ネット環境の変更で

「JCOM PHONE プラス」

から

「auひかり 電話オプション」

に切り替えた場合、電話番号はそのまま移管(ナンバーポータビリティー)ができます

ナンバーポータビリティーをするには

auひかりの担当者に

「今、ジェイコムフォンプラスを使っているので、auひかり電話でも同じ番号を使いたいんですが…」

と伝えて下さい。

あとは、auとJCOMで移管を進めてくれます。

auとJCOMは業務提携をしているため、番号の移管もできるようです。

JCOMから他社のひかり電話のナンバーポータビリティーはできるのか?

例えば、JCOMからNTTフレッツ光や他のひかり電話へは電話番号の移管はできません。

もちろん、フレッツひかり電話からauひかり電話へも電話番号の移管はできません。

これは、通常、発番(電話番号を最初に発行したところ)が、ひかり電話会社の場合、他のひかり電話会社へ移管ができないと言うことです。

NTT発番の場合は?

NTTの発番の場合は、手続きがいろいろあるようですが、他社の様々なひかり電話への移管が何回でもできます。

例えば、

NTT発番

フレッツひかり電話

auひかり電話

ソフトバンクひかり電話

フレッツひかり電話

と同じ番号で移管(ナンバーポータビリティ)ができます。

auひかりへの申し込みは「NNコミュニケーションズ」がおすすめ!

【auひかりキャンペーン】

電話で振込先の口座番号を伝えるだけで

ホームタイプのキャッシュバック

ネット+ひかり電話なら

NNコミュニケーションズから20,000円

ソネットまたはビッグローブから20,000円

ネットだけでも

NNコミュニケーションズから13,000円

ソネットまたはビッグローブから20,000円

が振り込まれます。

マンションタイプのキャッシュバック

ネット+ひかり電話なら

NNコミュニケーションズから30,000円

ソネットまたはビッグローブから20,000円

ネットだけでも

NNコミュニケーションズから23,000円

ソネットまたはビッグローブから20,000円

が振り込まれます。

キャッシュバックだけでみると、他社で多いところもありますが、ひかり電話への加入やオプションの加入(すぐに解約は可能ですが)などの条件があったり、開通から8か月から10か月後に再度申し込みその後に振り込まれたりするところもあるようなので、ネットのみの契約でもすぐに振り込まれるNNコミュニケーションズがおすすめ!です。

本日の注目記事はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク