iPhoneのタスク(アプリ)を終了させて電池を長持ちさせる3つの方法

iPhoneでアプリを使っていてホーム画面に戻ったり他のアプリを使うと、今まで使っていたアプリはiPhone内部で起動している(俗にいう裏で動いている)ことがあります。アプリを終了しないで多くのアプリを使っているとiPhone内部のメモリー(処理をするところ)を多く使い電池の減りが早くなってしまいます。

iPhoneは多くのアプリを使いすぎると自動でアプリを終了(メモリーを開放)させますのでメモリーがなくなることはありませんが、しばらく使わないアプリは終了させておいたほうが安心です。iPhoneのアプリを終了せせる方法(タスクの終了)をご紹介いたします。

スポンサーリンク

1 ホームボタンでアプリを終了させる方法

下の丸いボタン「ホームボタン」をダブルクリック(2回素早く押す)します。

20160123

今まで使ったアプリが出てきます。

20160123-01

他にも使っているアプリがあると、左右にフリックする(動かす)と使っているアプリが見れます。

20160123-02

使わないアプリはスワイプする(なぞる)と終了させる事が出来ます。この時、三本指でスワイプすると同時に三個のアプリを終了させる事が出来ます。しかし、今まで使っていたアプリを全部一気に終了させることは出来ないので、一個ずつ(または三個同時に)終了させて下さい。

20160123-03

2 電源キーとホームボタンを使ってアプリを終了させる方法

電源キーを長押しします。

20160123-04

スライドで電源オフの画面になりましたら電源を落とさないで、ホームボタンを長押しします。

「スライドで電源オフ」の画面の状態で

20160123-05

ホームボタンをボタンを長押しします。

20160123-08

すると画面が切り替わりホーム画面に戻ります。

20160123-00

これでアプリは終了しています。試しにホームボタンをダブルクリックしますとアプリが出て来ますが、これは今まで使っていたアプリのリストで実際には動いていません。

この画面でアプリを立ち上げるとアプリが再び立ち上がります。

20160123-06
スポンサーリンク
モバイルバッテリーやケーブルで有名なAnker社製の急速充電器は、コンパクトで高出力であり、フルスピード充電が可能(1ポート最大2.4A)です。また、旅行にも最適な折りたたみ式のコンパクトなデザインなので(100-240V AC入力対応のため海外旅行でも)安心して使用できます。
※ ご注意:Anker製品はAnkerDirectのみが正規販売店ですのでご注意ください

3 再始動でアプリを終了させる方法

電源を一度きって立ち上げる(再起動させる)方法です。

電源キーを長押しします。

20160123-04

スライドで電源オフの画面になりましたらそのまま電源を落として再び電源キーを押して、電源を入れて下さい。この場合も、再起動させてからホームボタンをダブルクリックするとアプリが出てきますが、これは今まで使っていたアプリのリストで実際には動いていないので安心してください。

20160123-07

この方法はアプリの終了以外にもiPhoneのリセット(不具合の予防)にもなりますので1週間に1回くらいは電源を入れなおした方がいいと思います。

以上3つの方法でアプリを終了させる事が出来ますので使っていないアプリは終了させて電池を長持ちさせて下さい。他にもタスクキラーなどアプリを使ってアプリを終了させる事が出来ますので、検討してみてはいかがでしょうか?

しかし、こまめにアプリを終了させては同じアプリを立ち上げる事を繰り返すと逆にメモリーの消費が多くなり、電池を多く使ってしまう可能性もあるので私は24時間以内に使わないと思うアプリだけを終了させています。

スポンサーリンク
モバイルバッテリーやケーブルで有名なAnker社製のケーブルは、それぞれ独立したシリアルナンバーとAppleによる認可を証明するチップが付与されています。充電と同期をまとめて一本のケーブルで行えるので、自宅用、旅行用、車内用など予備のケーブルとしておすすめ!です。
※ ご注意:Anker製品はAnkerDirectのみが正規販売店ですのでご注意ください
スポンサーリンク
本日の注目記事はこちら


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

こちらの記事も読まれています