Excel・エクセル|セル内の特定文字数をカウントする方法(関数)

【PR】アニメ・ゲームのプリントケーキ

Microsoft Excel(エクセル)のセル内にある特定の文字数をカウントする方法

エクセルでセル内の特定の文字数をカウントする方法(関数)をご紹介します。

ちなみに

=countif()

では検索条件にあてはまる範囲内のセルの数をカウントしてしまいますので使えません。1つのセル内にある文字列の中から特定の文字数をカウントする方法を検討します。

下の図の例では「121」「213」「311」「111」「232」の各A列セル内の「1」の文字数をB列にカウントしています。

A1セル「121」内の「1」の数は2

A2セル「213」内の「1」の数は1

A3セル「311」内の「1」の数は2

A4セル「111」内の「1」の数は3

A5セル「232」内の「1」の数は0

20161229-01

B列のセルに入力する数式

B1セルには

=LEN(A1)-LEN(SUBSTITUTE(A1,”1″,””))

 

B2セルには

=LEN(A2)-LEN(SUBSTITUTE(A2,”1″,””))

 

B3セルには

=LEN(A3)-LEN(SUBSTITUTE(A3,”1″,””))

 

B4セルには

=LEN(A4)-LEN(SUBSTITUTE(A4,”1″,””))

 

B5セルには

=LEN(A5)-LEN(SUBSTITUTE(A5,”1″,””))

と入力すると1の文字数をカウントしてくれます。

【PR】こども写真館『スタジオマリオ』
カメラのキタムラが運営、全国47都道府県370店舗以上あるこども写真館です。お宮参り、七五三をはじめ、マタニティや成人式写真などの撮影におすすめ!です。

LEN関数

LEN関数とはセル内の文字数をカウントします。

なので

LEN(A1)

はA1セルの文字数をカウントします。

A1セル「121」では文字数は3文字です。

SUBSTITUTE関数

SUBSTITUTE関数とは文字を別の文字に置き換えます。

使い方は

SUBSTITUTE(文字列,検索文字列,置換文字列,置換対象)

(SUBSTITUTE(A1,”1″,””))

の数式では

  • 文字列→ここではA1セル
  • 検索文字列→A1セル内の1の文字を
  • 置換文字列→空白に置き換える
  • 置換対象→全ての1を空白に置き換える(省略可能)

という意味です。

ここで

LEN(SUBSTITUTE(A1,”1″,””))

の意味ですが、A1セルの1を空白(文字がない)ように置き換えて文字数をカウントしています。置換対象はA列全ての1を空白に置換するので省略しています。

=LEN(A1)-LEN(SUBSTITUTE(A1,”1″,””))の意味

前半の

LEN(A1)

で全ての文字数をカウントして

後半の

LEN(SUBSTITUTE(A1,”1″,””))

で1以外の文字数をカウントしてLEN(A1)から引いているので

結果として1の文字数をカウントしていることになります。

他にも方法はあるかもしれませんが、この方法でセル内にある特定の文字数をカウントすることができますので試してみてはいかがでしょうか?

国内格安航空券・飛行機の予約はスカイチケットがおすすめ!

ご家族や、お友だちとのご旅行には『スカイチケット』での検索・比較・予約がお得で便利です。国内14社・海外700社以上の航空会社から、飛行機チケットの最安値をリアルタイムで一括比較が可能です。

本日の注目記事はこちら



【PR】育毛・頭皮ケア成分56種類を99.9%配合
女性育毛剤ベルタヘアローションの特長は、何といっても育毛・頭皮ケア成分へのこだわり!頭皮の保湿のため表面にとどめておくべき成分以外の、毛穴の奥まで浸透させるべき32成分をナノ化しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です