平成最後!!の福袋特集!

2019年 うれしい!楽しい!福袋特集!
アンシェルジュでは、平成最後の福袋!!企画として年末年始に楽しめる『2019 おすすめ!の福袋』をご紹介しています。
現在、カテゴリー別に19種類の福袋をご紹介中!

Excel・エクセル|セル内の特定文字数をカウントする方法(関数)

スポンサーリンク

Microsoft Excel(エクセル)のセル内にある特定の文字数をカウントする方法

エクセルでセル内の特定の文字数をカウントする方法(関数)をご紹介します。

ちなみに

=countif()

では検索条件にあてはまる範囲内のセルの数をカウントしてしまいますので使えません。1つのセル内にある文字列の中から特定の文字数をカウントする方法を検討します。

下の図の例では「121」「213」「311」「111」「232」の各A列セル内の「1」の文字数をB列にカウントしています。

A1セル「121」内の「1」の数は2

A2セル「213」内の「1」の数は1

A3セル「311」内の「1」の数は2

A4セル「111」内の「1」の数は3

A5セル「232」内の「1」の数は0

20161229-01

B列のセルに入力する数式

B1セルには

=LEN(A1)-LEN(SUBSTITUTE(A1,”1″,””))

 

B2セルには

=LEN(A2)-LEN(SUBSTITUTE(A2,”1″,””))

 

B3セルには

=LEN(A3)-LEN(SUBSTITUTE(A3,”1″,””))

 

B4セルには

=LEN(A4)-LEN(SUBSTITUTE(A4,”1″,””))

 

B5セルには

=LEN(A5)-LEN(SUBSTITUTE(A5,”1″,””))

と入力すると1の文字数をカウントしてくれます。

LEN関数

LEN関数とはセル内の文字数をカウントします。

なので

LEN(A1)

はA1セルの文字数をカウントします。

A1セル「121」では文字数は3文字です。

SUBSTITUTE関数

SUBSTITUTE関数とは文字を別の文字に置き換えます。

使い方は

SUBSTITUTE(文字列,検索文字列,置換文字列,置換対象)

(SUBSTITUTE(A1,”1″,””))

の数式では

  • 文字列→ここではA1セル
  • 検索文字列→A1セル内の1の文字を
  • 置換文字列→空白に置き換える
  • 置換対象→全ての1を空白に置き換える(省略可能)

という意味です。

ここで

LEN(SUBSTITUTE(A1,”1″,””))

の意味ですが、A1セルの1を空白(文字がない)ように置き換えて文字数をカウントしています。置換対象はA列全ての1を空白に置換するので省略しています。

=LEN(A1)-LEN(SUBSTITUTE(A1,”1″,””))の意味

前半の

LEN(A1)

で全ての文字数をカウントして

後半の

LEN(SUBSTITUTE(A1,”1″,””))

で1以外の文字数をカウントしてLEN(A1)から引いているので

結果として1の文字数をカウントしていることになります。

他にも方法はあるかもしれませんが、この方法でセル内にある特定の文字数をカウントすることができますので試してみてはいかがでしょうか?

2019年 うれしい!楽しい!福袋特集!

アンシェルジュでは、年末年始に楽しめる『おすす!の福袋』をご紹介しています。

電力自由化でおトク!なキャンペンをご紹介

「エルピオでんき」では、11か月後におトク!になる値引きキャンペーンが開催されています。

例)40Aの契約の場合、7,500円(東京電力エリア)、13,000円(中部電力エリア)、11,000円(東北電力エリア)のキャシュバック!

電力自由化「エルピオでんき」キャンペーン!

本日の注目記事はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク