【工場見学】アサヒビール北海道工場の予約・見学内容・アクセス方法(北海道札幌市)

北海道札幌市にある「アサヒビール北海道工場」の工場見学について、場所はどこにあるの?予約方法は?工場見学(ツアー)の内容は?アクセス・駐車場・見学時間・費用(料金)をご紹介いたします。

見学コースでは、ご案内係がビールの製造工程やミニ知識を楽しくご紹介します。

見学の後は、工場できたてのアサヒスーパードライの鮮度を実感してください!

アサヒグループでは「アサヒの工場見学」として工場見学のツアーが全国で開催されています。

アサヒ飲料工場

アサヒビール工場

ニッカウヰスキー蒸溜所

ワイナリー

みんなで工場見学へ行こう!アサヒのビール工場は見学無料で、うまい!工場できたて生ビールが試飲できます。ビール以外にも、ウィスキー蒸溜所や飲料工場の見学も。今...

神奈川県南足柄市にある「アサヒビール神奈川工場」の工場見学のレポートはこちらをご覧ください。

【見学レポ】アサヒビール神奈川工場の工場見学へ行ってきました

2016.06.11

また、ゴールデンウィークに開催されている未就学児とその家族が対象とした工場見学イベント家族みんなでクイズに挑戦!!「クイズツアー」の参加レポートはこちらをご覧ください。

【参加レポ】アサヒビール工場見学イベント「クイズツアー」に行ってきました

2018.04.30

データベースに【メモ】と記載されたものは、ネット上の情報や工場見学に参加した際の情報などを基に、次回参加する時の参考となる事(目安や感想)を記載しています。正確さに欠ける情報となりますので注意してください。

アサヒ飲料
国産生乳と、95年以上受け継いできた乳酸菌と酵母の発酵から生まれた、さわやかな風味のすこやかな飲み物です。自分の好みの味を楽しく作れ、笑顔や会話が広がります。

スポンサーリンク

「アサヒビール北海道工場」基本情報

施設名アサヒビール北海道工場
見学内容ビールの製造工程の見学
公式サイトアサヒ飲料 https://www.asahiinryo.co.jp/

アサヒの工場見学 https://www.asahibeer.co.jp/brewery/

アサヒ飲料の工場見学 https://www.asahiinryo.co.jp/entertainment/factory/

北海道工場 https://www.asahibeer.co.jp/brewery/hokkaido/

住所〒003-0022 北海道札幌市白石区南郷通4南1-1

Googleマップ

駐車場あり。無料で利用できますが、申込時に交通手段を申請してください。

※ 飲酒運転は法律で禁止されております。

※ 車・バイクを運転の方(バイクは同乗者も含む)、自転車でご来場の方、未成年の方、妊娠中や授乳期の方は酒類の試飲ができません(ソフトドリンクの試飲ができます)。

TEL011-863-3515

営業時間:9:00 〜17:00(休業日を除く)

見学時間基本的に毎日開催(月曜日〜日曜日)

9:30 ~ 15:00

【メモ】たまに休業日があります。休業日は火曜日が多いようです。

土曜・日曜・祝日は製造ラインは稼動していません。

また、開催回数(時間)は、午前は8回、午後は6回の合計14回実施しています。30分ごとにスタートしています。

9:00 / 9:30 / 10:00 / 10:30 / 11:00 / 11:30 / 12:00 / 12:30

13:00 / 13:30 / 14:00 / 14:30 / 15:00 / 15:30

見学詳細
  1. 【映写室】工場見学の前に大型スクリーンでアサヒビールの取り組みについてご覧ください。
  2. 【仕込釜・煮沸釜】昭和40年(1965年)から昭和64年(1989年)まで実際に使用していた釜を展示しています。
  3. 【原料展示】ビールの主原料である麦芽やホップに実際に触れることができます。
  4. 【発酵・熟成イメージトンネル】発酵・熟成中のビールを イメージしたトンネルを通ります。
  5. 【ろ過室】熟成したビールから酵母などを取り除き、透明で黄金色に輝くビールに仕上げます。
  6. 【樽詰工程】できあがったビールを、樽に詰めるダイナミックな製造ラインをご覧になれます。製造ラインが停止している場合は映像でのご紹介となります。
  7. 【缶詰工程】できあがったビールを、缶に詰めるダイナミックな製造ラインをご覧になれます。製造ラインが停止している場合は映像でのご紹介となります。
  8. 【空缶コンベア】缶にヘこみやキズがつかないよう空気の力を利用し、缶をわずかに浮かせた状態で缶詰工程へスピーディーに送ります。
  9. 【再資源化展示コーナー】工場内で発生する副産物や廃棄物は全て有効利用されています。その再資源化の取り組みを分かりやすく紹介しています。
  10. 【スカイロード】アサヒビール社史などの展示物や屋外の発酵・熟成タンクを見学しながら試飲会場へ向かいます。
  11. 【試飲・ゲストホール】広々としたゲストホールで、できたての生ビールをお楽しみください。
子どもの参加見学に年齢制限はありません。

保護者や引率者と一緒に子どもの参加は可能です。

参加人数【メモ】記載がないので、現地でご確認ください。
見学費用無料
所要時間約90分
写真撮影【メモ】記載がないので、現地でご確認ください。
予約方法予約は、当月を含む3ヶ月後の月末まで可能。

電話またはWEBにて受付。空き状況、休日状況はWEBで確認できます。

インターネットでは、2名から見学希望の前日正午まで予約が可能です。

お一人での予約の場合や、車イスをご利用の方、介助が必要な方は電話で連絡します。

【TEL】011-863-3515

営業時間:9:00 〜17:00(休業日を除く)

手話案内をご希望の方はFAXで連絡します。

【FAX】011-866-4288

 予約キャンセルキャンセルは、当日の見学開始時間までインターネットまたは電話で可能ですが、なるべくお早目にご連絡をお願いいたします。

011-863-3515(9:00 〜17:00)

注意事項
  • エクストラコールドでの提供およびドライブラックは、一日に提供できる量に限りがあるため、ご試飲できない場合もございますのでご了承ください。
  • ビールの試飲は20分間、お一人様・タンブラーで3杯までとなります。
  • 土曜・日曜・祝日は製造ラインは稼動しておりません。また整備などの都合により平日でも製造ラインが稼動していない場合がございます。
  • 見学希望の前日正午までインターネット予約が可能です。それ以降は、お電話でお問合せください。
  • お申込み受付は先着順です。定員になり次第、受付を終了させていただきます。予めご了承ください。
  • 工場見学のインターネット予約は日本語でのご案内となります。外国語でのご案内をご希望の方は、お電話にてお問合せください。
アサヒ飲料
自然のままのおいしさ。大地に降り注ぎ、長い時間をかけて地下深層に染み込んだ天然水を外気に触れさせないように汲み上げ、加熱殺菌と同じ効果を持つ独自の「熱を使わない ろ過製法」で、自然のままボトルに詰め込みました。

アクセス詳細

電車

地下鉄東西線「白石駅」または「南郷7丁目駅」下車 徒歩約7分

飲酒運転は法律で禁止されています。

道央自動車道「札幌南I.C.」より約7km(約20分)

道央自動車道「大谷地I.C.」より約4km(約15分)

※ 千歳方面から来た場合は「札幌南I.C.」をご利用ください。 「大谷地I.C.」では降りられません。

※ 小樽方面から来た場合は「大谷地I.C.」をご利用ください。 「札幌南I.C.」は遠回りとなります。

※ イベント開催時または参加されるイベントの内容によっては利用できない場合があります。

出典:アサヒの工場見学|アサヒグループホールディングス

アサヒビール
アサヒ スーパードライ
洗練されたクリアな味、辛口。さらりとした口あたり、シャープなのどごし。キレ味さえる、いわば辛口ビールです。

関連記事

アサヒ飲料工場

アサヒビール工場

ニッカウヰスキー蒸溜所

ワイナリー

【見学レポ】アサヒビール神奈川工場の工場見学へ行ってきました

2016.06.11

【見学レポ】アサヒビール神奈川工場|アサヒビール園メニューをご紹介

2017.07.17

「アサヒビール神奈川工場」売店での売れ筋食品ベスト5をご紹介します!

2017.07.17

   

本日の注目記事はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク