平成最後!!の福袋特集!

2019年 うれしい!楽しい!福袋特集!
アンシェルジュでは、平成最後の福袋!!企画として年末年始に楽しめる『2019 おすすめ!の福袋』をご紹介しています。
現在、カテゴリー別に19種類の福袋をご紹介中!

入院時の食事代が100円値上がり1食360円に!!

スポンサーリンク

入院時の食事代まとめ

2016年4月1日の朝食から、一般・現役並み所得者(住民税課税世帯)入院時の食事代が100円値上がり1食360円になります。2018年4月1日には、さらに100円値上がり1食460円になる予定です。ちなみに、低所得者(住民税非課税世帯)の食事代の値上がりはありません。

制度の概要

20160401_01
  • 入院時の食事代は通常1食640円
  • 1食360円を超える分は国保・健康保険組合等が負担
  • 2016年4月1日には1食360円
  • 2018年4月1日には1食460円
  • 住民税非課税世帯の食事代の値上がりはない

一般病棟などの入院時の食事代(入院時食事療養費)

20160401_02
  • 2008年4月より、療養病床に入院する65歳以上の方は、入院時食事療養費ではなく入院時生活療養費となります。
区分1食の食事代
現役並み所得者・一般360円
70歳未満住民税非課税世帯
70歳以上住民税非課税世帯(低所得?)
210円
長期入院該当(※)160円
70歳以上住民税非課税世帯(低所得?)130円
  • (※)入院期間が91日以上の70歳未満住民税非課税世帯および70歳以上住民税非課税世帯(低所得?)の方は、申請をおこなえば食事代の減額制度あり(長期入院該当)

療養病床に入院する65歳以上の方の食事代、居住費(入院時生活療養費)

  • 入院時生活療養については食事代が1食460円以外に、居住費として1日320円がかかります
  • (※)酸素、24時間の持続点滴、難病等、医療依存度の高い方の方(医療区分2、3の方)は食事代360円、居住費0円となり、療養病棟へ入院しても費用は変わりません
  • 入院時の食事代に関しては、確定申告で医療費控除として申請できますので、医療費が10万円を超える場合は、ぜひ申請してくださいね。
区分1食の食事代1日の居住費
現役並み所得者・一般(※)460円(※)320円
住民税非課税世帯(低所得?)210円
住民税非課税世帯(低所得?)130円
住民税非課税世帯(低所得?)
老齢福祉年金受給者
100円0円
スポンサーリンク
子ども・子育て支援、高齢者福祉、障害者福祉、生活困窮者対策、医療・年金制度、就労支援等、日常生活を支える社会保障制度を15項目に分類し、暮らしに役立つ社会サービスを簡潔に解説しています。

2019年 うれしい!楽しい!福袋特集!

アンシェルジュでは、年末年始に楽しめる『おすす!の福袋』をご紹介しています。

電力自由化でおトク!なキャンペンをご紹介

「エルピオでんき」では、11か月後におトク!になる値引きキャンペーンが開催されています。

例)40Aの契約の場合、7,500円(東京電力エリア)、13,000円(中部電力エリア)、11,000円(東北電力エリア)のキャシュバック!

電力自由化「エルピオでんき」キャンペーン!

本日の注目記事はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク