介護支援専門員(ケアマネージャー)の選び方

スポンサーリンク

介護保険を利用するには

65歳以上の方は介護保険証をお持ちだと思います。介護保険を利用するには、申請して要介護度がなければ利用できません。

また、ショートステイ、ホームヘルパー、デイサービス、訪問看護、福祉用具のレンタル(車いす、ベッド)など介護保険制度を利用するにはケアプラン(予定表)をあらかじめ作成しなければなりません。このケアプランを作成するのが、ケアマネージャーの仕事です。

ケアマネージャーとは

ケアマネージャーは、ケアプランを作成するにあたって、ご本人、ご家族の希望を聞き、介護保険サービスを提供する各事業者と連絡調整(コーディネート)を行います。

ケアマネージャーやケアプランについて

  • ケアマネージャーの変更はいつでもできます
  • ケアプランの作成に費用はかかりません(市町村の介護保険料からケアマネージャーの事業所へ支払われます)
  • ケアプランはご本人・ご家族でも作成可能です(セルフケアプラン)

ケアマネージャーをどのように選べばよいのでしょうか?

ケアマネージャーとのフィーリング

人と人との関わりなので、まずはフィーリングが合う人が第一条件ではないでしょうか(看護観、介護観、雰囲気、話をよく聞いてくれるなど)

事業所の形態

今後、ショートステイ、ヘルパー、デイサービス、訪問看護などのサービスの利用頻度を考え、ケアマネージャーの事業所でこれらのサービスも扱っている事業所は、どちらかと言えば調整がしやすく融通がききやすいです。

ケアマネージャーの得意分野

ケアマネージャーの資格を取るためには、医療・保健・福祉の分野で基本となる資格が必ずあります。そのケアマネージャーが何の資格を持っているか、何の経験があるのかによって、ケアプラン作成に係る切り口に違いがあります。

すぐにケアマネージャーと連絡がつくか

すぐにケアマネージャーと連絡がつけば、何かの時に相談にのってくれます。連絡がつかない、折り返しの連絡が遅い事業所は急な対応が遅くなる可能性があります。

他にも選び方はいろいろあると思います。

まずは、ケアマネージャーの事業所リストを市町村の介護保険課、社会福祉協議会などから手に入れ、電話でフィーリングを確かめて頂く事をお勧めいたします。

本日の注目記事はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク