FREETEL Priori3S画面スリープボタンの反応が悪くなっちゃいました

2016年3月末に購入したPriori3S LTE ですが

5インチのAndroidスマートフォンで

バッテリー容量が4,000mAhあり電池の持ちが最高によく

サブ機として、テザリング用のポケットWi-Fiのような使い方で使ってましたが…

電源ボタンを長押しすると「電源を切る」や「再起動」は問題なく反応しますが

スポンサーリンク

電源ボタンを1回だけ押すだけの「スリープ」の反応が悪くなりました…

メーカーにメールで問い合わせしたところ下記の回答(メール)をいただきました。同じような症状の方は、一度試してみて下さい。

  1. キャッシュデータの消去
    「設定」→「ストレージ」→「キャッシュデータ」→「削除OK」
  2. 再起動
    「電源ボタン」長押し→「再起動OK」
  3. セーフモード ※アプリの影響を受けない検証用モードです
    「電源ボタン」長押し→「電源を切る」長押し→「再起動OK」

このモードで改善する場合は、症状が出る直前にインストールされたアプリの影響が考えられます。
アンインストールして改善するか、お試しくださいませ。

これでも改善されない場合は…

最終手段として初期化を行います

初期化は、全データが消去されますので、データをバックアップし、SDカードを抜いた状態で行って下さい。

バックアップの方法は、https://www.freetel.jp/support/data/?ID=ID14459から確認できます。

「設定」→「バックアップとリセット」→「データのバックアップ」と「自動復元」にチェック→「データの初期化」→「携帯端末をリセット」→「すべて消去」

それでも改善されない場合は有償保障

入金と故障端末の到着が確認でき次第、良品端末が送られてきますが…

有償保証料金は、13,456円(税込)!

定価は19,224円ですが、新品の方が安く購入できかもしれないではないですか…

5インチの高解像度 1280×720 px HDディスプレイ。デュアルSIMスロット搭載で高画質800万画素カメラを、多彩なモードで楽しめる。

有償保障を考えている方は、2017年1月に発売されたPriori4もバッテリー容量4,000mAhで、有償保障の価格とそんなに変わらないので新機種を検討してみてもいいですね。

圧倒的な大容量4,000mAhバッテリーを搭載し、気分によって自由に取り外し可能な6色のバックカバー。

電力自由化でおトク!なキャンペンをご紹介!

「エルピオでんき」では、11か月後におトク!になる値引きキャンペーンが開催されています。

例)40Aの契約の場合、7,500円(東京電力エリア)、13,000円(中部電力エリア)、11,000円(東北電力エリア)のキャシュバック!

電力自由化「エルピオでんき」キャンペーン!

本日の注目記事はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク