「ENEOSでんき」電気代の日割り計算をしてみました(JXTGエネルギー)

でんきの自由化がはじまり、今月から新しい電力会社での支払いが始まった方もいらっしゃると思います。

エネオス電気をはじめ、初めて電気会社と契約する場合などは、各電力会社とも日割り計算を行っているのではないでしょうか。

今回は、実際にエネオス電気の料金料金を中途解約した場合(日割り計算)の方法をご紹介いたします。

2016年5月現在の情報です。
こちらの記事は、2016年5月の情報です。最新の情報は公式サイトよくあるご質問|ENEOSでんき等でご確認ください。

スポンサーリンク

契約40A、月の使用料320kwh、4月8日から5月1日まで24日間の場合は?

  • 使用料は320kwhで変わりません。
  • 変わるのは基本料金と従量料金です。

基本料金の計算

基本料金は日割り

1,123.20円(40A) × (24÷30) = 898.56円

従量料金の計算

従量料金も日割り

通常は従量1段料金は、120kwh以下の範囲です。また、従量2段階料金は120kwh超から300kwhまで、従量3段料金は300kwh超なので…

従量1段料金(20.76円)

120kwh以下 × (24÷30) = 96kwh以下

従量2段料金(23.26円)

120kwh超から300kwh以下なので

96kwh超から240kwh(300×24÷30)以下

従量3段料金(25.75円)

300kWh超 × (24÷30) = 240kwh超となります。

スポンサーリンク

320kwhは24日間での使用料なので、使用料は変えずに基本料金と従量料金を日割りにしてるのです。

特に、従量料金の1kwhあたりの料金範囲が変わる(日割りに)なるので、逆に割高になりように感じますが、通常はこのように計算するようです。

なので

月の使用料320kwhとして電気代を計算してみる

従量1段料金(20.76円/1kwh)は96kwh以下なので

96kwh × 20.76 = 1992.96円

従量2段料金(23.26円/1kwh)は96kwh超から240kwhなので

144kwh × 23.26円 = 3349.44円

従量3段料金(25.75円)は240kwh超なので

320kwh - 240kwh = 80kwh

80kwh × 25.75円 = 2060円

合計の電気代

1992.96円 + 3349.44円 + 2060円

従量料金は 7402.4円

基本料金898.56円

電気代としては

898.56円 + 7402.4円 = 8300.96円

ほかに燃料費調整額と再エネ賦課金等を加味して電気代が決まります。

おすすめ!の電力会社はこちら

【電力自由化】Looop(ループ)でんき|基本料金0円!解約金0円!でおすすめ!

2018.08.29

【電力自由化】H.I.S.のでんき|特典で旅行もおトク!4つのおすすめポイントをご紹介

2018.08.27
本日の注目記事はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク