【工場見学】「サッポロビール博物館」の予約・見学内容・アクセス方法(北海道札幌市)

北海道札幌市東区にある日本のビール史が分かる、国内唯一の博物館

「サッポロビール博物館」

の見学について、予約方法・見学内容・アクセス方法・駐車場・場所などをご紹介いたします。

サッポロビール園のレストラン「トロンメルホール」「ケッセルホール」「ポプラ館」「Lilac(ライラック)」「GARDEN GRILL(ガーデン グリル)」についてはこちらをご覧ください。

秘伝のタレをたっぷりもみ込んだいろいろな「味付けジンギスカン」が食べられるのは、サッポロビール園でライラックだけなので、こちらも是非!チェックしたいですね。

サッポロビール園|トロンメルホール、ケッセルホール、ポプラ館、ライラック、ガーデン グリルをご紹介(北海道)

2018.09.16
サッポロビール
サッポロ独自の「旨さ長持ち麦芽」を新採用。とことん旨さにこだわった「大人の生」です。麦芽、ホップは100%協働契約栽培です。

日本で唯一のビールに関する博物館。ここを訪れれば、ビールがもっとおいしくなる!

サッポロビールが歩んできた道のりをご紹介しながら、ビールを愛し、ビールを知り尽くしたサッポロビールならではの、ビール情報をたっぷりご提供。

サッポロビールでは、学んで、遊んで味わえる、楽しい施設として、全国に6つのビール工場、2つのワイナリー、2つの博物館・記念館があり、見学ツアーが開催されています。

サッポロビール工場工場

ワイナリー

博物館・記念館

学んで、遊んで味わえる、楽しいサッポロビールの施設に行こう!

※ データベースに【メモ】と記載されたものは、ネット上の情報や工場見学に参加した際の情報などを基に、次回参加する時の参考となる事(目安や感想)を記載しています。正確さに欠ける情報となりますので注意してください。

スポンサーリンク

「サッポロビール博物館」基本情報

施設名サッポロビール博物館
見学内容サッポロビールの誕生から、近代日本ビール産業を牽引した「大日本麦酒」時代、そして現在までを歴史的資料を通して学ぶことができます。

  • 自由見学(無料)
  • プレミアムツアー(500円)
  • スターホール(テイスティング・有料)
  • ミュージアムショップ
公式サイトサッポロビール http://www.sapporobeer.jp/

サッポロビール博物館 http://www.sapporobeer.jp/brewery/s_museum/

住所〒065-8633 北海道札幌市東区北7条東9丁目1-1

Googleマップ

駐車場※ 飲酒運転は法律で禁止されております。

あり。

TEL011-748-1876

受付時間]10:00 ~ 17:30

見学時間[休館日] 年末年始、臨時休館日

※ 毎週月曜日(祝日の場合は翌日)は、自由見学のみ可能です。

  • 自由見学(11:00 ~ 20:00 入館は19:30まで)
  • プレミアムツアー(11:30 ~ 17:30 毎時00分、30分にスタート)
  • スターホール(11:00 ~ 19:00 ラストオーダー 18:30)
  • ミュージアムショップ(11:00 ~ 21:00)
子どもの参加保護者の引率で参加可能です(未成年の方のみの見学は不可)。
参加人数自由見学は定員がありません。

有料のプレミアムツアーは20名です。

見学費用
  • 自由見学 無料
  • プレミアムツアー 大人 500円、中学生~20歳未満 300円、小学生以下 無料
所要時間自由見学 約15分 ~ 20分

プレミアムツアー 約50分

写真撮影【メモ】記載がないので、現地でご確認ください。
予約方法自由見学は予約不要です。

プレミアムツアー(有料)はWEBまたは電話で予約します。

  • インターネットでの予約受付は、ご希望日の90日前の同一日より、見学日の3日前まで可能です。
  • 電話での予約受付は、ご希望日の3ヶ月前の同一日からご希望日の前日まで可能です。

TEL011-748-1876

受付時間]10:00 ~ 17:30

※ 毎週月曜日(祝日の場合は翌日)、年末年始、臨時休館日を除く

 予約キャンセル前日までにWEBまたは電話で可能ですが、なるべくお早目にご連絡をお願いいたします。
注意事項
  • また、お車・バイクを運転の方(バイクは同乗者も含む)、自転車でご来場の方、未成年の方、妊娠中や授乳期の方は酒類のテイスティングができません。
  • ガイドツアーの見学は2名から可能です。一人の場合は、直接各施設へお電話にてお問い合わせください。
  • 飲食物のお持ち込みはご遠慮ください。
ヱビスビール
誕生以来、更なる高みを目指し、30年という歳月をかけて探究を続け、 ビール純粋令500周年を迎える2016年春、 また1つ、ヱビスはヱビスを超え、その美味しさが進化しました。

見学内容詳細

自由見学(無料)

予約不要で、時間に合わせて自由に見学ができます。明治初期、近代日本の礎をつくるべく活躍した「開拓使」の紹介から、サッポロビールの誕生、近代日本ビール産業を牽引した「大日本麦酒」時代、そして現在までを歴史的資料を通して学ぶことができます。

所要時間約15分 ~ 20分

※ 見学後のスターホール(有料試飲)のご利用は最大30分間となります。

開館時間11:00 ~ 20:00(入館は19:30まで)
休館日年末年始、臨時休館日

※ 毎週月曜日(祝日の場合は翌日)は、自由見学のみ可能です。

定員なし
参加費無料

※ ビール・ノンアルコールビールテイスト飲料・ソフトドリンクのテイスティング、おつまみは有料となります。

自由見学の見学コース

1F 受付

2F サッポロギャラリー

2F サッポロギャラリー

プレミアムツアー(有料)

有料のガイドツアーです。大迫力の6Kワイドシアターや、ブランドコミュニケーターさんの分かりやすい説明を通して、サッポロビールの誕生から、近代日本ビール産業を牽引した「大日本麦酒」時代、そして現在と分かりやすく丁寧に説明していただけます。

最後は、プレミアムツアー参加者しか味わえない創業当時の味を復元した「復刻札幌製麦酒」
サッポロビールの代表商品「黒ラベル」が試飲できるおすすめ!のツアーです。

所要時間約50分(試飲含む)
ツアー時間ツアースタート時間の10分前までに受付を済ませください。

11:30 ~ 17:30

毎時00分、30分にスタートします。

休館日年末年始、臨時休館日

※ 毎週月曜日(祝日の場合は翌日)は、自由見学のみ可能です。

定員20名

※ 前日までの予約は10名までになります。

参加費
  • 大人 500円
  • 中学生 ~ 20歳未満 300円
  • 小学生以下 無料

※ テイスティング付:「サッポロビール生ビール黒ラベル」「復刻札幌製麦酒」各1杯

※ 大人の方でお酒が飲めない方には、「ノンアルコールビール」「ソフトドリンク」から2杯、未成年の方は「ソフトドリンク」から2杯を選んでお飲みいただけます。

プレミアムツアーの見学コース

1F 受付

3F ウェイティングラウンジ

3F プレミアムシアター

2F サッポロギャラリー

1F スターホール
(テイスティング)

スターホール(テイスティング・有料)

サッポロビール北海道工場、札幌開拓使麦酒醸造所直送のできたてビールを味わえます。

北海道限定ビール「クラシック」、サッポロビールの代表商品「サッポロ生ビール黒ラベル」、創業地でつくる札幌開拓使麦酒醸造所の「開拓使麦酒」などをお楽しみいただけます。

試飲できる銘柄と価格(税込)

  • サッポロ生ビール黒ラベル 200円
  • [ 北海道限定 ] クラシック 200円
  • 開拓使麦酒 300円
  • 3種飲み比べセット 600円
  • ノンアルコールビールテイスト飲料 200円
  • ソフトドリンク 100円

営業時間は11:00 ~ 19:00(ラストオーダー 18:30)です。

 

ミュージアムショップ

北海道ならではのお土産や、オリジナルグッズが多数取り揃えています。また北海道工場直送のビールや、開拓使麦酒が販売されていますので、お土産にいかがでしょうか。どなたでも利用可能です。

営業時間は11:00 ~ 21:00です。

アクセス詳細

アクセスの詳細は公式サイトをご覧ください

電車

  • 地下鉄東豊線「東区役所前」駅より徒歩約10分

バス

札幌駅南口

  • 「札幌駅前」(東急百貨店の南側)より中央バス サッポロビール園・ファクトリー線 [環88](外部サイトへリンクします)乗車、「サッポロビール園」下車すぐ(約20分間隔の発車)

札幌駅北口

  • 「札幌駅北口」より苗穂北口線 [東63]乗車、「サッポロビール園前」で下車(1時間2本程度の発車)
  • サッポロビール園・アリオ線 [188]乗車、「サッポロビール園」下車(1時間に2~3本程度の発車)

※ 飲酒運転は法律で禁止されております。

  • 札幌駅より約2km(時間:約5分)タクシーの場合は札幌駅より約1,000円です。
サッポロビール
サッポロ独自の「旨さ長持ち麦芽」を新採用。とことん旨さにこだわった「大人の生」です。麦芽、ホップは100%協働契約栽培です。

出典:サッポロビール株式会社

関連記事

「第10回 恵比寿麦酒祭り 2018」が9月14日~24日まで恵比寿ガーデンプレイスで開催されます|サッポロビール

2018.09.06

【工場見学】「ヱビスビール記念館」の予約・見学内容・アクセス方法(東京都渋谷区)

2018.09.07

【工場見学】「サッポロビール博物館」の予約・見学内容・アクセス方法(北海道札幌市)

2018.09.16

サッポロビール園|トロンメルホール、ケッセルホール、ポプラ館、ライラック、ガーデン グリルをご紹介(北海道)

2018.09.16

【工場見学】「サッポロビール 北海道工場」の予約・見学内容・アクセス方法(北海道恵庭市)

2018.09.16

【工場見学】「サッポロビール 千葉工場」の予約・見学内容・アクセス方法(千葉県船橋市)

2018.09.08

【工場見学】「サッポロビール 那須工場」の予約・見学内容・アクセス方法(栃木県那須郡)

2018.09.10

【工場見学】「グランポレール勝沼ワイナリー」の予約・見学内容・アクセス方法(山梨県甲州市)

2018.09.09

【工場見学】「岡山ワイナリー」の予約・見学内容・アクセス方法(岡山県赤磐市)

2018.09.09

【工場見学】「サッポロビール 九州日田工場」の予約・見学内容・アクセス方法(大分県日田市)

2018.09.16

【ビオトープ】「サッポロビール 静岡工場」で水辺の生き物や野鳥がみられる庭園散策(静岡県焼津市)

2018.09.16

【ビオトープ】「サッポロビール 仙台工場」で水辺の生き物や野鳥がみられる庭園散策(宮城県名取市)

2018.09.16
ヱビスビール
誕生以来、更なる高みを目指し、30年という歳月をかけて探究を続け、 ビール純粋令500周年を迎える2016年春、 また1つ、ヱビスはヱビスを超え、その美味しさが進化しました。
本日の注目記事はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク