年賀はがき(年賀状)を出すときの料金52円が適応される期間は?

年賀状を1月1日の元旦に届くようにするには、今日までに投函する必要がありましたね。私は、ぎりぎり、今日、年賀状を出すことが出来ました。

年賀はがきの引受は何日からですか?

2018(平成30)年用年賀はがきの引受開始は12月15日(金)からになります。
年賀状は12月25日(月)までにお出しください。

年賀はがき(年賀状)は52円で出すことができますが、52円で年賀状を出すことができる期間が決まているので、注意して下さい。

通常の郵便はがきは、2017年6月1日から52円→62円に値上がりました。

郵便料金比較|年賀状は据え置き!?はがきの料金は62円に値上がりです!

2017.06.01

詳しくは、日本郵便|公式サイトをご覧ください。

スポンサーリンク

2018年の年賀状を52円で出すことができる期間は?

日本郵便|公式サイトにもありますが

年賀はがきを52円で差し出すことができる期間は、

20171215日(金)から201817日(日)までです。

出し忘れや、旅行に行っていて1月8日以降に年賀はがき出す場合は、+10円分の切手を貼り足して下さい。

私製はがきを年賀状として使う場合は?

私製はがき表面の見やすい位置にはっきりと赤い文字で「年賀」と書きます。この場合も、12月15日から翌年1月7日までの間に限り、52円で出すことができます。

よくある質問

日本郵便|公式サイトにもありますが、年賀はがきの料金についての質問を一部載せておきます。

1月7日の夜に年賀はがきを郵便ポストへ投函した場合の料金は?

1月8日の最初の取り集めまでに投函されたものは、年賀はがきの料金(52円)が適用される。

年賀はがきに速達や書留等のオプションサービス(特殊取扱)を付加することは?

年賀はがきの料金(52円)の適用を受ける場合は、速達や書留等のオプションサービス(特殊取扱)を付加することはできない。

喪中はがきの料金はいくらですか?

喪中はがきとして出ものについては、通常はがきと同じ62円です。

12月15日から翌年1月7日の間に、年賀はがきの料金(52円)が適用されるのにもかかわらず、間違えて62円の切手を貼った場合の払い戻しは?

差し出された日から1年以内に、差出人本人が所定の手続をすると多く支払われた分の料金を切手または現金で返してくれる。

 

 

本日の注目記事はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク