割引額業界トップクラス!エルピオでんきと東京電力の電気代を比較!40Aの契約者は年間いくらおトクになるのか?

電力自由化が2016年4月から始まりましたね。多くの方は、今まで通りの電力会社で「従量電灯A」や「従量電灯B」など従来通りの契約をされていると思います。

難しい手続きなど必要がなく、電気料金が月に400円とか800円とかお安くなったらどうですか?

もし、月に400円安くなったとしたら、年間で4,800円も節約できるんです!節約できたお金で、美味しいランチが食べられそうですね。

今回は、「ポイント」や「豪華な特典」などはなく、また大きな広告など、無駄な費用分は電気料金に還元!

電力料金割引額トップクラス!

「エルピオでんき スタンダードプランS」

をご紹介いたします。

実際に、東京電力「従量電灯B 40A」から「エルピオでんき スタンダードプランS 40A」に切り替えた場合の電気料金を比較してみました。

ちなみに、わが家は昨年1年間で 約8,600円もおトク!になりました。

「エルピオでんき」と契約して1年間でどのくらい?おトク!になったのか?

2017.09.21

エルピオでんきおすすめ!ポイントは4つ!

  1. 『40A以上の契約者は電力使用料が少なくても断然おトク!』
  2. 『エネルギー販売事業50年の実積!』
  3. 『困った時の安心駆け付けサービスが0円でおトク!』
  4. 『解約手数料(解約金・違約金)も0円でおトク!』
ガス・電気の総合エネルギー企業、株式会社エルピオのトップページです。エネルギーを共創し人と協奏する真のエネルギー企業へ。価格.com調べで第1位の安さを実現。株...

スポンサーリンク

エリア拡大キャンペーンでキャッシュバック! ~2018年10月31日まで!

キャンペーン期間中に以下のいずれかのメニューをお申込みいただくと、それぞれ11か月後料金から割引させていただきます。

期間中、対象メニューをお申込みいただきますとキャンペーンに自動的に登録されます。

エルピオでんきでは、今まで東京電力エリアのみの提供でしたが、2018年11月1日からは東北電力・中部電力エリアでも提供を開始いたします。

おすすめ!ポイント①『40A以上の契約者は電力使用料が少なくてもおトク!』

電気を安く使いたいお客様に 安心快適サービスをお届けします!

エルピオでんきには「ポイント」や「豪華な特典」がありません。大きな広告も出さず、無駄な費用分を電気料金から差し引きました。「格安な電気をシンプルに使いたい」という方にピッタリのサービスです。

40A以上の契約者は、「東京電力 従量電灯B」と比べて基本料金も従量料金も全てのプランでおトク!です。

ただ、30Aの契約者は、新しく「スタンダードライト30A」としてサービスが開始されましたが、こちらのプランの基本料金は「従量電灯B 30A」と同じですが、第1段階料金(120kWh以下)は割高になていますので、ご注意ください(下記参照)。

料金シミュレーションはこちらからおこなえます。わが家の7月の電気使用量を 280kWh とした場合、年間で 8,047円もおトク!という結果になりました。エルピオでんき独自のシミュレーションですが、およその目安にはなりますね。

エルピオでんき料金シミュレーションはコチラ!

  • お試し料金比較の結果は、お客さまの電気使用実績に基づく推定値となります。
  • ご使用状況や気候の変化などによる電気ご使用量の変動、燃料費調整額などの事由により、お試し料金比較の結果と実際の電気料金は異なります。

「スタンダードプランS」料金表

「東京電力 従量電灯B」とは

「東京電力 従量電灯B」(以下「従量電灯B」)とは東京電力管内の家庭で最も多く契約している料金プランで、基本料金は10A〜60Aの範囲となっています。アンペア数が大きくなると基本料金が高くなります。電気を使いすぎるとブレーカーが落ちるタイプのプランです。

ちなみに、東京電力の個人向け料金プランは【定額電灯】【従量電灯A】【従量電灯B・C】【おトクなナイト8】【おトクなナイト10】【電化上手】【ピークシフトプラン】【夜得プラン】【朝得プラン】【半日お得プラン】【土日お得プラン】【おまとめプラン】【深夜電力】【農業用低圧季節別時間帯別電力】があります。

定額電灯
  • 最大電流が400VA(4A×100V)以下
  • アパートなどの共同電灯
  • 小型機器を使用
従量電灯A
(定額電灯が適用できないこと)
  • 最大電流が5A以下
  • アパートなどの共同電灯
  • 小型機器を使用
従量電灯B
  • 契約電流(10A〜60A)別の基本料金
  • 家庭で最も多く契約している料金プラン
従量電灯C
  • 6kVA(60A×100V=6000VA)以上
  • オール電化など電気製品が多い
  • 業務用大型冷蔵庫などを使用している

ちなみに、関西電力管内で最も多く家庭で契約している料金プランは従量電灯Aというプランになりますので東京電力のプランと混同しないでください。また、関西電力ではアンペア契約での基本料金制度はありません。

「東京電力 従量電灯B」と「エルピオでんき スタンダードプランS」の電気料金の比較

電気代の計算方法

基本料金 + 電力量料金 + 再生可能エネルギー発電促進賦課金 + 燃料費調整額

の合計が毎月の電気代としての料金となります。 

料金が「従量電灯B」と比べてどのくらい割安なのかを、料金の下段にパーセント(%)として表示しています。

燃料費調整額、再生可能エネルギー発電促進賦課金は別途かかりますが、現在契約している電力会社の料金体制と同じなので、今回のは計算に入れていません。基本料金と電力量で比較・検討しています。

スタンダードプランS(以下:「プランS」)の「30A」は2017年3月31日にて申込受付終了となり、新しく「スタンダードライト30A」としてサービスが開始されました。

「従量電灯B」と「プランS」の基本料金の比較

単位料金(税込)
従量電灯BプランS
基本料金10A280円80銭プランなし
15A421円20銭
20A561円60銭受付終了
30A842円40銭スタンダードライト30A

842円40銭

40A1,123円20銭1,067円04銭
-56円16銭
-5.00%
50A1,404円00銭1,319円76銭
-84円24銭
-6.00%
60A1,684円80銭1,583円71銭
-101円09銭
-6.00%
電力量料金
(従量料金)1kWhあたり
第1段階料金
120kWh以下
19円52銭アンペア契約により異なる

※下記参照
第2段階料金
120kWh超〜300kWh以下
26円00銭
第3段階料金
300kWh超〜
30円02銭

「従量電灯B」と「プランS」の電力量料金(従量料金)の比較

単位第1段階料金
120kWh以下
第2段階料金
120kWh超〜300kWh以下
第3段階料金
300kWh超〜
東京電力
従量電灯B
19円52銭26円00銭30円02銭
プランS
スタンダードライト
30A
20円76銭
+1円24銭
+5.97%
22円62銭
-3円38銭
-13.00%
25円31銭
-4円71銭
-15.69%
プランS
40A
18円50銭
-1円02銭
-5.23%
プランS
50A
プランS
60A
18円31銭
-1円21銭
-6.20%

「再生可能エネルギー発電促進賦課金」と「燃料費調整額」とは?

再生可能エネルギー発電促進賦課金全国一律の単価である再生可能エネルギーの買取り費用を、電気の使用量に応じて使用者(個人)が負担する

「電気事業者による再生可能エネルギー電気の調達に関する特別措置法第十二条第二項の規定に基づき納付金単価を定める告示」により

2018年5月分から2019年4月分まで

2.90円/kWh

燃料費調整額火力燃料の価格変動を電気料金に迅速に反映させるため、毎月自動的に電気料金を調整する制度

プラス調整、マイナス調整がある

例)「40A」契約者は、年間いくらおトク!なのか?

「従量電灯B 40A」から「プランS 40A」に変更した場合、電気料金は年間いくらおトク!なのか?検討してみました。

単純に、基本料金と電力量料金(従量料金)の合計を電気料金(基本料金+電力量料金)として比較しました。

月の使用量従量電灯BプランSプランS − 東京電力
月間の差額年間差額
0kWh561円60銭533円52銭
-5.00%
-28円08銭-336円96銭
50kWh2,099円20銭1,992円04銭
-5.10%
-107円16銭-1,285円92銭
100kWh3,075円20銭2,917円04銭
-5.14%
-158円16銭-1,897円92銭
120kWh3,465円60銭3,287円04銭
-5.15%
-178円56銭-2,142円72銭
150kwh4,245円60銭3,965円64銭
-6.59%
-279円96銭-3,359円52銭
200kwh5,545円60銭5,096円64銭
-8.10%
-448円96銭-5,387円52銭
250kwh6,845円60銭6,227円64銭
-9.03%
-617円96銭-7,415円52銭
300kwh8,145円60銭7,358円64銭
-9.66%
-786円96銭-9,443円52銭
350kwh9,646円60銭8,624円14銭
-10.60%
-1,022円46銭-12,269円52銭
400kwh11,147円60銭9,889円64銭
-11.28%
-1,257円96銭-15,095円52銭
450kwh12,648円60銭11,155円14銭
-11.81%
-1,493円46銭-17,921円52銭
500kwh14,149円60銭12,420円64銭
-12.22%
-1,728円96銭-20,747円52銭
550kwh15,650円60銭13,686円14銭
-12.55%
-1,964円46銭-23,573円52銭
600kwh17,151円60銭14,951円64銭
-12.83%
-2,199円96銭-26,399円52銭

おすすめ!ポイント②『エネルギー販売事業50年の実積!』

エルピオでんき(株式会社エルピオ)は、 1965年4月に有限会社昭和燃料として設立され、1981年には有限会社から株式会社へ組織変更し市川営業所を開設した会社です。

2018年現在、LPガスの供給および各種ガス機器の販売、電力小売事業として従業員324名が働いています。また、エネルギー販売事業としては50年の実積!があるので、安心できますね。

おすすめ!ポイント③『困った時の安心駆け付けサービスが0円でおトク!』

電気のトラブル時に24時間365日で東京電力パワーグリッドが駆けつけ、 点検、調査、応急処置を致します。 エルピオでんきのお客様なら何度でも無料サポートとなります。

  • 停電・電気がつかない
  • コンセントが焦げ臭い
  • 分電盤がすぐ落ちてしまう

などのお困りごとに、作業費が無償で伺う安心のサービスです。

注意事項

  • 出張費、60分以内の作業費は無料となります。特殊工具や部品交換を要する など、作業内容により別途費用が係る場合があります。
  • 対象エリアは、関東エリアとなります。ただし、天候・交通状況・作業員の作業 状況等により現場への出動に時間を要することや、当日中に出向できない場合 があります。また、栃木県、茨城県、埼玉県、静岡県(富士川以東)の一部地域 において、土日祝日および平日夜間にお電話いただいた場合は、翌営業日の 訪問となります。詳しくはサービス利用規約をご覧ください。
  • 毎月18日時点で当社が電気を供給しているお客様が、翌月1ヶ月間の本サービスの会員資格を有するものとします。

おすすめ!ポイント④『解約手数料(解約金・違約金)も0円でおトク!』

40A以上の契約者は電気を使っても使わなくても電気代はおトク!になり、もし、解約する場合でも、最低利用期間もなく解約手数料もかかりません。

申し込みは簡単3ステップです!

エルピオでんきへの申し込み方法はこちらをご覧ください。切り替え(開通)には、3ステップありますが、「ステップ1」で申し込めば、手続きはほぼ終了です。

手続きは簡単で、もちろん切り替え料金も0円!です。

【電力自由化】手続きは簡単3ステップ!エルピオでんきの申し込み方法をご紹介

2018.10.18

エルピオでんきは、「ポイント」や「豪華な特典」などはなく、また大きな広告など無駄な費用分を電気料金から差し引いた!電力料金割引額トップクラス!の電力会社です。電力使用料が少ないご家庭でもおトク!になりますので、エネルギー販売事業50年の実積!「エルピオでんき」をご検討されてみてはいかがでしょうか。

エルピオでんき料金シミュレーションはコチラ!

出典:株式会社エルピオ

電力エリア別、電気料金の比較はこちら

関連記事

割引額業界トップクラス!エルピオでんきと東京電力の電気代を比較!40Aの契約者は年間いくらおトクになるのか?

2018.10.17

【電力自由化】エルピオでんきと中部電力の電気代を比較!(長野県 / 岐阜県 / 愛知県 / 静岡県 / 三重県)

2018.10.17

【電力自由化】エルピオでんきと東北電力の電気代を比較!(青森県 / 秋田県 / 岩手県 / 山形県 / 宮城県 / 福島県 / 新潟県)

2018.10.18

【電力自由化】手続きは簡単3ステップ!エルピオでんきの申し込み方法をご紹介

2018.10.18

【キャンペーン】電力自由化「エルピオでんき」新規申込でキャッシュバックがおトク!

2018.10.15
本日の注目記事はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク